Webランド ダイトウ

Webランド ダイトウ

文字サイズ

子育て支援サービス

ひとり親家庭医療助成制度

【対象者】
各種医療保険に加入されている方で、離婚、父または母の死亡や、父または母が一定の障害状態にある、生死が明らかでない、引き続き1年以上遺棄している、法令により1年以上拘禁されている、母が婚姻によらないで妊娠した場合などの要件で、それらの父母もしくは養育者と、18歳に到達した年度末までの子どもが対象です。
 
【助成内容】
病気やケガの治療を受けた場合、保険適用される医療費、訪問看護利用料の自己負担分を助成します。(一部自己負担額を除く)
入院時の食事を要する費用は自己負担をなります。ただし子ども医療の対象年齢の子どもは助成対象となりますので、市の窓口で申請してください。
 
【ひとり親家庭医療証の申請に必要なもの】
児童扶養手当の証書、対象者全員の健康保険証、印鑑
※遺族年金や障害年金を受給されていて、児童扶養手当の認定がおりない場合、福祉政策課の医療助成グループにお問い合わせください。
 
【一部自己負担額】
◇大阪府内で受診された場合
健康保険証とひとり親家庭医療証を一緒に提示された場合、一部自己負担額のみを支払って治療を受けることができます。(保険外費用は別途要)
 
お問合せ先
大東市役所福祉・子ども部 福祉政策課 医療助成グループ

一覧へ戻る